【帝王切開後の第二子妊娠でもちゃんとした妊娠管理で自然分娩が可能です】

帝王切開で子供を産んで次の出産を経膣分娩で出産することを、帝王切開後の普通分娩VBAC(ブイバック)(Vaginal birth after cesarean section)と言い、最近の日本では帝王切開したら、次は、子宮破裂の恐れがあるためにほとんどの病院で、経膣分娩は、勧められず帝王切開をしたら次も帝王切開という流れになっています。
ですから、VBACに成功する妊婦は少ないのです。

当院では、実は、大胆にも、VBACに挑戦中です。

普通の帝王切開では、子宮は横に1文字で切開するのですが、今朝お産した彼女は、前回が26週の早産の帝王切開でしたので、こういう時はT字型に切開をするのが普通です。

こういう場合には、VBACはさらに危険と言われています。

彼女は優秀な妊婦さんで、肉食MEC食で頑張っていたので、体重増加は6キロくらいでしたが、見事に2828gの赤ちゃんを、4時間で生んでしまいました。

これを私は、思わずVバック出産ではなくT バック出産と呼んでしまいました。
私も、本当は少しハラハラしていましたが、あれよあれよと進行してしまい、自然の力の偉大さに感動しました。

本当におめでとうございます!

初産で帝王切開出産をしたけれど、第二子以降で自然分娩をご希望の方は、当院までお気軽にご相談ください。