産後うつ、貧血だとリスク6割増 気力低下が原因に・・・

毎日新聞の記事です。

産後にうつを発症するリスクが、貧血がない女性と比べある女性は約6割も増えるとする調査結果を国立成育医療研究センターのチームがまとめた。
貧血になると全身の倦怠(けんたい)感や疲れが取れにくくなり、気力が低下するためとみられる。
妊産婦死亡のうち、最も多い自殺の原因の一つがうつ病とされており、チームは「貧血治療で産後うつの発症を抑えられる可能性がある」と指摘する。

妊婦に肉食と鉄剤投与を薦める理由

少しは気がついてほしい。

妊婦は肉食であるべきです。

甘いものが好きな方は、鉄不足です。

鉄を補給すると、甘いものがやめられます。

ピルが世界一普及していない日本女性は、
貧血、鉄不足のままで、妊娠します。

妊婦は、胎児に鉄を大量に提供しますから、
さらに鉄不足になります。

妊婦の頭痛は、鉄剤投与で、ほとんどは治ります。

お産が近い妊婦のフェリチンは、5以下です。
一方、臍帯血のフェリチンは200を超えます。

お産で出血が多いと、さらに鉄不足になります。
これこそマタニティブルー、産後うつの主原因だと思います。

マタニティのメンタルヘルスのカギ

それは、鉄やビタミンB群などの栄養補給であり、
たんぱく質強化、肉食で解決します。

ですから、妊娠中、お米を6から8杯という糖質をたくさん
食べさせる、今の栄養指導は、たんぱく質など必須栄養素が取れない最悪の栄養指導です。

妊娠糖尿病は、胎児が、糖質ではなく、たんぱく質を要求している状態です。食事で解決します。
妊婦こそ肉食で、たんぱく質と鉄をたくさん取らなければなりません。
鶏卵には、糖質はなく、水分を除けば、たんぱく質と脂肪でできているのですが、それだけで、ヒナになります。

胎児、胎盤、臍帯、新生児がケトン体が高いことは、たんぱく質と脂肪が、胎児、新生児の栄養源である証拠です。

早く、栄養指導が、糖質過多から、肉食、たんぱく質強化、鉄不足解消に、根本的に変わることを願っています。