「いいお産したい。」これは宗田マタニティクリニックの原点です。当院では自然なお産と親子のふれあいを大切にしています。| 宗田マタニティクリニック(産婦人科)
宗田マタニティクリニック新着情報

妊娠糖尿病と糖質制限

離乳食が凡人にしてしまう?

離乳食が凡人にしてしまう? 胎児、赤ちゃんは、お母さんが糖質制限をしている、していないにかかわらず、血中のケトン体濃度がとても高いのです。 それは、胎児および赤ちゃんが「ブドウ糖を使った代謝」ではなく、「脂質(ケトン体) …

糖尿病性網膜症は内科医の治療によって悪化!?

糖尿病性網膜症は内科医の治療によって悪化!? 糖尿病性網膜症は、どうも内科医の糖尿病治療の後に増加しているのです。 血糖値の激しい上下やインシュリンの何らかの作用で血管壁が破けて出血し、それが新生血管や増殖膜変化になって …

「糖質制限怪しすぎ」

「糖質制限怪しすぎ」 というご意見をいただきました。 「妊娠糖尿病は食事制限だけで管理する病気ではないはず。特にI型糖尿病ではもっとのほか」とのご指摘。 宗田マタニティクリニックでは、I型糖尿病妊娠の方もインスリンなしの …

えっ!? 妊娠糖尿病をテーマにした映画?

えっ!? 妊娠糖尿病をテーマにした映画? 渋谷アップリンクにて、7月23日(土)より映画『シュガー・ブルース 家族で砂糖をやめたわけ』公開。 残念ながら、日本ではなく、チェコのドキュメンタリー映画。 妊娠糖尿病を告げられ …

森永卓郎さんは、肥満と重度糖尿病で失明寸前だった。

森永卓郎さんは、肥満と重度糖尿病で失明寸前だった。 インスリンを打って山のように薬を飲んでも、今の糖尿病治療ではよくならなかった。 ライザップでやったのは、徹底した糖質制限。 1日糖質量5gくらいの糖質制限をしたと言って …

インスリンを使わないことが、糖尿病合併症の予防になる

インスリンを使わないことが、糖尿病合併症の予防になる 腎移植をしても、インシュリンを使えば、再び透析をすることに。 これらことを、ぜひ、一人でも多くの方に知っていただきたい。 腎移植後、糖質制限で、見事な結果を示している …

産婦人科学会でケトン体を発表してから2年経ちました。

ちょうど、2年前でした。 「妊娠糖尿病に対する糖質制限食による管理と高ケトン血症の安全性の検討」 日本産婦人科学会で発表した日です。 すこしづつ変わって行くといいですが。 https://www.facebook.com …

1型糖尿病、あるいは2型糖尿病になって、妊娠中絶をすすめられたり、結婚を延期されたりされた方がいます。

1型糖尿病、あるいは2型糖尿病になって、妊娠中絶をすすめられたり、結婚を延期されたりされた方がいます。 こんな悲しいをしなくてもいい世の中にしたい。 宗田マタニティクリニックには、II型のみならず、I型糖尿病の方も、薬に …

生命体にとって糖質は不要?

卵には糖質はない。炭水化物がない。 水を除けば45%が脂肪、50%がタンパク質だ。 しかしこれだけでヒナになる。 生命体にとって糖質は不要なのだ。 ヒトの胎児は、ブドウ糖で育つという考えがおかしいと気が付いたら栄養学の間 …

母親の糖尿病と「肥満児の自閉症リスク上昇」の関連

これは、現在の糖尿病治療の結果、当然予想されることである。 肥満、妊娠糖尿病を合併していたら4倍も自閉症の発生が増えるというのは、妊娠中に、糖質漬けにしてインスリンを打つという奇怪な治療管理がもたらすものである。 妊婦が …

« 1 2 3 4 »

過去の記事

宗田メディカルグループ

アクセス

ご訪問ありがとうございます!

  • 1143223総訪問者数:
  • 55今日の訪問者数:
  • 531昨日の訪問者数:
PAGETOP