「いいお産したい。」これは宗田マタニティクリニックの原点です。当院では自然なお産と親子のふれあいを大切にしています。| 宗田マタニティクリニック(産婦人科)

更年期障害

更年期障害

女性が女性らしくいるために必要不可欠なエストロゲンの分泌が、更年期(45~55歳)を境に減少することによって、のぼせ・ほてり・発汗・関節痛・動悸・息切れ・めまい・首、肩のこり・肌荒れ・尿失禁・性交痛・睡眠障害・抑うつ状態等様々な症状が出現することがあります。

また、エストロゲンの欠乏は長期にわたると骨粗鬆症・高コレステロール血症・動脈硬化・心筋梗塞・老人性痴呆等に影響をきたすということも言われてきています。

できれば一生注射や内服薬によりエストロゲンの補充をすることが望ましいのですが、既往症によっては使用できない人もいますので医師に相談して下さい。当院では積極的にホルモン補充療法を実施しております。

又ホルモンの少量補充により、のぼせ・イライラ・不眠などが改善されます。

症状がひどくなる前に婦人科へ受診されることをおすすめいたします。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP