「いいお産したい。」これは宗田マタニティクリニックの原点です。当院では自然なお産と親子のふれあいを大切にしています。| 宗田マタニティクリニック(産婦人科)

顕微授精

顕微授精

精子の数が特に少ない場合や、動きが悪い場合には体外受精でも受精卵をなかなかつくることができません。

そこで卵の外側を覆う透明帯という殻に穴を開けたり卵の実質の中に精子を注入したりする方法が考えられ、日本でもこの方法で出産した例がたくさん報告されるようになりました。

睾丸より直接採取した精子を使って行う顕微授精でも成功例が出ています。

なお、最近では顕微授精のほとんどは卵細胞内精子注入法(ICSI「イクシー」)でおこなわれています。
卵に傷をつけると奇形が生まれるのではないか思いがちですが、この時期の卵はたとえ傷をつけても、個体のある部分に異常をおこすというものではなく 、修復可能なものです。
また、大きなダメージを与えれば卵は育たないようですから、結局、発育していくものは、心配ないことになります。
とはいえ、成功率を上げるため、どの施設も十分すぎるほど慎重に実施しています。

精子や受精卵は凍結保存も可能なため、たくさんの可能性も生み、また問題も生まれています。

funin_kenbi_ill

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

宗田メディカルグループ

アクセス

ご訪問ありがとうございます!

  • 1077159総訪問者数:
  • 604今日の訪問者数:
  • 632昨日の訪問者数:
PAGETOP