中絶手術

現在日本では約25%の方が妊娠した際、人工妊娠中絶を選択されています。
様々な理由で選択されるようですが、皆さん心配なのがまた続けて妊娠できるかどうかや手術に対しての不安だと思われます。

簡単な手術ではありますが、基本的に外科的な手術のため、慎重に麻酔や処置を行う必要があります。
当院では点滴をして体重、麻酔の効き方を見ながら薬液量を調整するため、中絶手術中の痛みや内容が判ってしまうということは決してありません。中絶手術後はきちんと月経周期が回復するまでフォローアップしております。

ただ、現時点で妊娠を考えていないのであれば、その後低容量ピルの内服をした方が望ましいでしょう。

きちんとした処置、経過観察をしていればまたきちんと妊娠できます。過去にお産をされている方は比較的短時間で、またお産をされてないか、帝王切開でご出産した方の場合は、前処置に3~4時間みてから実施しております。

  • 麻酔方法:静脈麻酔(呼吸は維持されるが、意識はなくなります)
  • 中絶手術方法:吸引ならびに掻爬(そうは)の併用
    (傷も少なく、出血量も少なく安全です。)
  • 術前処置について
    当院では、頚管拡張の術前処置は穏やかに広がるものを使用しております。
    拡張は通常よりソフトなものを使用するので、術前処置の痛みは殆どございません。

術後はしばらく休んで完全に麻酔がさめてから帰宅できます。日帰りも可能ですがお迎えの方がいる方が安心です。

母性保護法について

人工的な妊娠中絶(中絶妊娠)はどのような場合であってもできるとは限りません。
また、手術を行うのは母体保護法指定の資格を持つ医師に限ります。
当院は、母体保護法指定医のいるクリニックですので安心してお任せいただけます。

手術の時期

手術は、母体保護法によって妊娠22週未満(妊娠21週と6日まで)と定められています。それ以降は母体にかかるリスクの大きさや倫理的な問題から、中絶手術は認められていません。
また、12週を超えて手術を行った場合、死産の届出が必要になります。

手術の影響とリスク

妊娠中絶の手術は、子宮や母体に負担がかかります。
特に注意していただきたいのが感染症です。
術後1週間はシャワーのみ、過度な運動や手術直後の性交渉は避け、清潔と安静を心がけてください。
手術後の痛みや出血量は個人差がありますが、ひどい痛み・発熱の際は、すぐに受診してください。

中絶手術で起こりうる合併症

  • 子宮内感染
  • 子宮穿孔
  • 子宮復古不全

手術中に様々な問題や合併症が生じる可能性がありますが、当院は、そのような副作用(合併症)に対しては適切に対応できるように、予防、準備、対処、の体制を整えております。

費用

中絶手術は術前の検査を含め、原則として健康保険は適応されず全額自費の自由診療となります。

術前検査:血液検査及び微生物細菌検査費用 22,000円(税込)

手術費用:妊娠週数で少し変わります。

  • 妊娠10週まで 132,000円(税込)

※ 妊娠10週以降についての手術費用、ご質問等、ご遠慮なくご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。0436-24-4103受付時間 9:30-12:00/15:00-16:30【診療日】

お問い合わせ