産む人の立場でお産を考える

宗田マタニティクリニックで感心したのは内診台。
ソファの高さの台に横になれば、台が昇降するようになっている。

いつも知人と婦人科の話題になると、この台のことが出てきました。

大きなお腹の妊婦に、階段なら二段くらいもある高さの踏み台に上がらせ、その上で横にさせるなんて
「こわいよね」
「ふらついたらどうするんだろう」
「床を掘って医師のほうが下がればいいだけのことなのに」
などといいあっていたものです。

昨日通った大病院でも旧態依然でした。

結局、医師が普段産む人の立場でお産というものを考えているかどうかの違いでしょうね。

『病棟らくがきノート』より
Kさんありがとうございます!

『病棟らくがきノート』とは、宗田マタニティクリニックに常設している患者さんが自由に書き込んでいただけるノートのこと。
このノートおかげで、たくさんの改善のヒントや、私たちスタッフにたくさんの励ましを与えてくれています。

36170bff7ee659d83463